IT業界で必須の言語

今では、様々な会社がグローバルに展開し、英語が必要とされるシーンが多くなってきました。
しかし、ITに携わるものは、英語は必修科目です。喋れなくても理解できる程度には、英語のスキルが必要です。

何故かというと、海外からの発注にも対応できるためにというのが建前で、パソコンの操作に関して、英語を使うシーンが殆どだからです。

次に、覚えておいたほうがいいのが、プログラミング言語です。
このプログラム言語自体は、英語や日本語のように日常会話で使うことは、決してありませんが、パソコンと対話するときに必須になる言語です。

パソコンは、いろんな事を処理してくれる優秀な機械ではありますが、その実態は非常に頭の悪いものです。
パソコンの画面に映し出されているものは、パソコンの中では0と1だけで認識されています。これがよく聞くようになった2進数です。
この2進数だけで会話することは不可能なので、人間にもわかりやすく作られたのがプログラミング言語です。
そのプログラミング言語は、基本的に英数字しか使うことが出来ないので、やはり英語は必須です。

プログラミング言語でよく聞くのは、javaとC言語です。
どちらも、プログラミングの基礎中の基礎ですので、参考書に1通り目を通しておくといいでしょう。
プログラミングに興味がある方は、少し勉強すれば未経験OKの仕事があるので、そちらに挑戦してみると良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です